2020年10月14日 (水)

「お魚供養」が行われました!

10月13日(火)午前7:00~ 福井市中央卸売市場内の鮮魚売場にて「お魚供養」が行われました!

お魚供養 お魚供養

「お魚供養」とは、日々私たちの商売の材料として、また毎日の栄養源として、その貴重な命を捧げてくれる魚たちに感謝するとともに、海の安全と大漁を祈願するために毎年10月に行われている神事です。


今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため密を避けて行われました。

お魚供養

新型コロナウイルスの感染拡大の中、私たち水産関係者が日々営業できるのは、魚たちのおかげです。今年は例年以上に魚たちに感謝の気持ちをもって大勢の水産関係者が次々と焼香を行いました。 今後も魚たちに感謝する気持ちを忘れずに、日々の業務に励んでいきます。
(総務部:西山)

2020年6月22日 (月)

「清め塚祈願祭が行われました」

6月19日(金) 午前10時30分より、福井市中央卸売市場内にて「清め塚祈願祭」が行われました。 祈願祭は例年、市場に従事する大勢の方々が参列していましたが今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して開催されました。

清め塚祈願祭 清め塚祈願祭

清め塚は市場が開場した昭和49年から5周年を記念して建てられたものです。 福井市中央卸売市場内の艮(うしとら)の方角にあたる場所に建てられ、市場で働く者の健康と繁栄を祈願しています。 普段はあまり立ち入らない場所にひっそりと建っている清め塚ですが、年一度の祈願祭で、日々を何事もなく無事に過ごせる事への感謝を思い出させてくれるのは「清め塚」のご利益のひとつと言えるのではないでしょうか。
(総務部:西山)

2020年4月 3日 (金)

「近海今朝とれ市(二番ぜり)がスタートしました!」

4月2日(木)午前7:40より、近海今朝とれ市がスタートしました!

近海今朝とれ市

市場に「春の訪れ」を告げる近海今朝とれ市がセリ人の大きな掛け声とともにスタートしました!

例年と比べると少し魚が少なく寂しいですが、今年も変わらず抜群の鮮度をお届けしております!

入荷された魚

当日は、カワハギ、本マス、アジ等の入荷がありました。

近海今朝とれ市は、6月に向かって最盛期を迎えます。
これから、福井県内の定置網を中心に6ヶ統から順次集荷予定ですので、お魚も徐々に増えていきます!

どうぞ今後の近海今朝とれ市にご期待ください!
(総務部:西山)

入荷された魚とセリの様子

2020年1月 6日 (月)

「令和2年 初市式」が行われました!

1月5日(日)午前4時45分より令和2年初市式が行われました!

2020年初市式

今年の初市式も早朝にも関わらず、大勢の市場関係者の皆様にご参加いただきました!

まず東村福井市長のご挨拶のあと、弊社代表取締役社長の三木が三本締めを行い、福井市農林水産部長の音頭で乾杯(お茶)が行われました。
初市式後は、「初セリ」のスタートです!

2020年初セリ 2020年初セリ

早朝の寒さをものともしない、威勢のいい掛け声が場内に響き、次々とお魚が競り落とされていきました!

昨年の亥年はエネルギーを蓄え次世代に備える年でしたが今年の子年は最初の干支ということで、蓄えたエネルギーで新しい事を始める年です。

福井市中央卸売市場のさらなる発展を願って弊社一同、固定観念にとらわれず、様々なことにチャレンジして参ります!
(総務部:西山)

2019年12月 2日 (月)

「かにフェア」が開催されました!

11月30日(土)福井市中央卸売市場内「ふくい鮮いちば」において「かにフェア」が開催されました!

「かにフェア」が開催

「かにフェア」

福井の冬といえばやはりカニ!

屋外テントでは威勢のいい呼び込みの声が響き、人だかりが出来ていました!また飲食店では、カニを使ったメニューが加えられ、こちらも多くのお客様を集めておりました!
ふくい鮮いちばでは「ズワイカニ」・「セイコカニ」のほかにも鮮度の良い魚介類や野菜、花、その他惣菜なども販売され賑わっていました。

「かにフェア」

「かにフェア」

そして最も人気だったのが300杯限定のカニ汁です。
セイコガニが丸ごと一杯入って500円!皆さんお買い得なカニ汁を求め長蛇の列に並んでいました。
カニは今から12月いっぱいまでが、最高に美味しい時期です。お正月までに是非一度「黄色のタグ」の付いた越前ガニをお召し上がりください。
(総務部:西山)

2019年11月 7日 (木)

カニ漁が解禁しました!

11月7日(木) 午前4:30より、福井市中央卸売市場 水産物部売場にてカニの初セリが行われましたせりの様子 カニ解禁

毎年11月6日のカニ漁解禁にともない、翌日の7日は早朝より福井県産を含む様々なカニが入荷し、セリにかけられます。発泡スチロールに詰められたカニが積み上がる様子は、福井市中央卸売市場の冬の風物詩です。
早朝より、たくさんの買い手の方々が集まり、産地や品質を確かめていました。 普段から市場内でお会いする魚屋さん達も、この日ばかりは引き締まった表情!買い手の皆さまの真剣さ、緊張感がビンビン伝わってきます。

せりの様子 解禁のかに

もうすでにご存じの方も多いと思いますが、福井県産のカニには「黄色のタグ」 石川県産のカニには「青色のタグ」が取り付けられています。
「黄色のタグ」の付いたものが、正真正銘の「越前ガニ」の証です!
カニは、市場に入荷する時、セイコガニ(メス)ならば、茹でた状態または生の状態で。 ズワイガニ(オス)ならば、生の状態または活の(生きている)状態での入荷となります。 皆さまの冬の食卓を、黄色のタグと共においしいカニで華やかに彩ってみてはいかがでしょうか?
(総務部:西山)

2019年10月29日 (火)

2019ふくい市場フェスタ

10月19日(土) 10:00 ~12:30 福井市中央卸売市場場内にて「ふくい市場フェスタ2019」が開催されました。

本マグロの解体ショー ふくい市場フェスタの模様 ふくい市場フェスタの模様 ふくい市場フェスタの模様ふくい市場フェスタの模様

今年も多くのお客様にご来場いただき、水産ブースも青果ブースも、例年以上の大盛況でした。
フェスタの目玉は毎年恒例の本マグロの解体ショー。
70キロ以上のマグロを2本、お客様の目の前で解体させていただきました!
開場と同時にたくさんのお客様がマグロ売場を目指していただけた様で、マグロの即売会を待つ長蛇の列ができていました。
今年は、マグロの切り落としや大きなカマといった柵以外の部位の購入権をかけて弊社スタッフとのじゃんけん大会もあり、マグロ販売ブースは終始にぎやかで、スタッフ一同もお客様とのコミュニケーションを楽しんでおりました。 12:30までを予定していたマグロ即売会ですが、おかげ様で開始から2時間ほどでほとんどのマグロが売り切れてしました。

マグロ販売以外にも、鮮魚ブースでは今が旬のサンマも含めたお魚の詰め放題が行われ、冷凍ものブースや塩干ものブースでもお祭り価格での大奉仕をさせていただいたため、大変たくさんのお客様にお越しいただけた様です。
また、今年は弊社従業員のセリ人による「模擬セリ」も行われており、仲買人になった気分で魚をセリ落としてもらうアトラクションが新設!

模擬セリ 模擬セリ

普段セリ人から魚をセリ落としている仲買人の方々も鮮魚販売のブースから模擬セリを楽しそうに眺めており、子供から大人まで楽しくセリに参加することができたようです!

福井中央卸売市場では2014年11月より、関連商品場売場等(鮮いちば)を開放しておりますが、卸売り関係者のみで使用をする市場卸売棟に一般のお客様が入ることができるのは年に1回、「ふくい市場フェスタ」だけです。
一般客が入れないと思われがちな市場ですが、「ふくい市場フェスタ」を通して少しでも市場に親しみを持っていただければと思っております。
今後とも感動と良品を提供する「ふくい市場フェスタ」にご期待ください。
(総務部:渡辺)

2019年10月28日 (月)

お魚供養が行われました

10月11日(金) 午前7:00より 福井市中央卸売市場内、水産物部売場にて「お魚供養」が行われました。

お魚供養 B2

お魚供養は、日々私たちがいただく魚介類の命への感謝と、海での安全と大漁を祈願した神事で、今年も多くの市場関係者の方々にご参列いただくことができました。
例年に比べ、勢力の大きい台風の影響で海が時化ることも多く、海での安全は今まで以上に気を付けなければならない状況だったこともあり、今年は例年とは少し違う緊張感もあったように思います。

今後もお魚を扱う会社として、命をいただいていることに感謝をするとともに、私たちが安定してお魚を食べることができるよう尽力してくださっている生産者や水産関係者への感謝を忘れることの無い様、日々の業務に励んでまいります。
これからも皆様に新鮮な感動をお届けする福井市中央卸売市場にご期待ください。
(総務部:渡辺)

2019年9月30日 (月)

「商品展示商談会2019」が開催されました!

9月25日(水)10:00~14:00福井市中央卸売市場内、弊社特設会場にて 「商品展示商談会2019」が開催されました!
今年も快晴に恵まれ、多くのお客様にご来場いただきました。

商品展示商談会2019商品展示商談会2019 商品展示商談会2019商品展示商談会2019 商品展示商談会2019

商品展示商談会は今年で20回目!!例年以上に盛り上げるべく、弊社従業員が数か月前より吟味した商材を展示しました!
今年の商品展示会のテーマはズバリ「目利き!」。 各担当者が自信をもっておすすめできる商材を集めました!
今回の試みとして、展示ブースごとに「俺の目利き!カウンター」を設置し、吟味した商材の中でも一番おすすめの商材を並べて試食していただけるようにしました。
また、例年よりも展示ブースに並べる商材の数を思い切って減らして試食数を増やし、担当者が「目利き」した商材をしっかりとお客様に体感していただける展示ブースを目指しました!
福井県産の商材のアピールにも力を入れ、一昨年より好評のお寿司の試食ブースでは福井県産の魚に特化した「おすすめ6貫」を提供。
昨年の試食ブースで大人気だったふくいサーモンはもちろん、甘えびやサバなど福井県産の美味しいネタを詰め込みました。

商品展示商談会2019 商品展示商談会2019

81_2

商品展示商談会2019

展示ブースはふくいサーモンブースをはじめとした、全部で7ブース。昨年よりも商品アイテム数は減りましたが、内容が濃く、開催時期も例年より2~3週間ほど早い開催で、年末商材の商談もしっかりと視野に入れた構成となりました。
昨年よりも、飲食店の関係者様や旅館関係者様のご来場も増え、各展示ブースも例年以上に盛況で、今年の商品展示商談会も大成功をおさめることができました。
開催にあたり、ご協力いただいた関係者の皆様、当日ご来場いただきました皆様に心よりお礼を申し上げます。 毎年新たな進化を続ける弊社の商品展示商談会に今後もご期待ください!
(総務 渡辺)

2019年5月14日 (火)

「清め塚祈願祭が行われました!」

5月13日(月) 午前10時30分より、福井市中央卸売市場内にて、「清め塚祈願祭」が行われました。 今年の祈願祭は晴天に恵まれ、多くの市場関係者が参列しました!

清め塚祈願祭 清め塚祈願祭 清め塚祈願祭

清め塚は市場が開場した昭和49年から5周年を記念して、福井市中央卸売市場場内の 艮(うしとら)の方向にあたる場所に建てられました。
福井市中央卸売市場は、水産関係者を含め毎日たくさんの人が出入りをしています。 その市場関係者の健康と繁栄を祈願し、1年に1度清め塚の前で祝詞をあげての儀式は市場内での恒例です。
科学の進んだ現代ですが、伝統や儀式を通して目に見えないものを大切にする考え方は今も市場関係者の中に根付いています。
(総務部:渡辺)